Home > Company > 沿革

オゾン分解装置

ワコーシステムコントロールのこれまでの沿革をご紹介いたします。

内容

 

1972年

和光電子技研として東京都港区高輪で創業。
1973年 東京都品川区東中延に会社を移転。
1975年 東京都品川区荏原1-11-10に本社、工場移転。
日立製作所荏原工場内ブラウン管製造ラインの制御盤設計製作を始める。
1978年 個人名称から資本金150万円で有限会社「和興制御」に法人化する。
1979年 東京都品川区中延に会社を移転。
1981年 資本金1000万円で株式会社に組織を変更し、社名を株式会社ワコーシステムコントロールとする。
1985年 三菱電機京都製作所内ブラウン管製造設備の制御盤設計製作を始める。
小型オゾン発生装置のアッセンブリを始める。
システムハウスを開設する。
1988年 脱臭器用発生器の設計製作を始める。
1989年 東京都品川区中延に事務所を開設。
1991年 三菱電機京都製作所2B工場ラインのブラウン管製造設備の制御システムを行う。
1992年 三菱電機京都製作所5B工場ラインのブラウン管製造設備の制御システムを行う。
1994年 三菱電機京都製作所4A工場ラインのブラウン管製造設備の制御システムを行う。
旧小野田セメントと半導体工場向けのオゾン発生器の開発を手掛ける。
1995年 タイCRTのブラウン管製造ラインの1号機、後行程の制御システムを始める。
1996年 旧小野田セメントがオゾン関連事業撤退に伴い、全ての権利を取得する。
1997年 タイCDTのブラウン管製造ラインの1号機、後行程の制御システムを始める。
デンソーから24時間風呂用小型オゾン発生器のOEMを始める。
日陽エンジニアリングのオゾン発生装置のOEMを始める。
1999年 三菱電機メキシコ工場のブラウン管製造設備の後行程の制御設備を行う。
資本金を2000万円にする。
2000年 日陽エンジニアリングのオゾン分解器のOEMを始める。
2001年 自社開発のオゾン分解器の設計製作を始める。
2004年 商品事業部発足。制御機器部品の販売を始める。
2009年 ISOの取得。
2011年 東京都品川区中延1-9-4に本社移転
協立エンジニアリングを業務統合する。
愛知県碧南市に事務所を開設する
2012年 オゾン分解技術に関して特許を出願。(特許出願番号2012-91631)

 

 

ご相談・お問合せ

オゾン発生・分解に関する技術サイト
「オゾン発生・分解装置.COM」


ワコーシステムがオゾン発生・分解装置を研究開発や製造現場、お客様の生産現場で発見する最新の技術や事例を紹介しています。
オゾン発生・分解装置.com

特定非営利活動法人 日本オゾン協会

日本オゾン協会はオゾンに関する技術を高めることを目的に設立され、オゾン技術に関する最新のオゾンに関する情報を提供しています。
日本オゾン協会

International Ozone Association

国際オゾン協会はパンアメリカングループ、ヨーロッパ・オーストラリア・アジア・アフリカグループ、日本アイランドグループ、から構成し、オゾンの研究活動などを行っています。
International Ozone Association

メールでのお問合わせはこちら